2007年07月01日

大学の学食が「安かろう、悪かろう」なのは今は昔の話し

「学食」という言葉を検索すると、結構いろんなサイトに引っかかる。

我輩が「これはおもしろそう!」と思ったサイトが「学食まるかじり」というやつ。こちらは「キャンパスドットコム大学編集部」のスタッフが、大学に限定したグルメレポートを届けてくれるという企画。サイトを見てみると分かりやすく、よく調査しているという印象を受けた。

調査している大学も全国津々浦々、北は北海道大学から、南は沖縄の琉球大学まで、これまで約50箇所のレポートがある(同じ大学の別キャンパスを1レポートととしている場合もあるから、大学数は不明)。

今、大学の中にはアメニティを1つのウリにしているところもあるから、学食の充実は欠かせない条件だろう。サイトを見て驚かされたのが、東京大学の「ルヴェ ソン ヴェール駒場」。なんでもこちらでは本格フレンチをいただけるそうで、外観も敷居が高め。

ランチメニューでも800円くらいするようなので、学外であれば安いのであろうが、学食として考えたら高い! というか、学食の域を超えていそうな感じである。しかし、東大には似つかわしくないという感想を個人的には持ってしまう...。

敷居の高い食堂と言えば、慶應義塾大学の「ファカルティクラブ」。こちらは教職員専用なので残念ながら学生は利用できないのだが、以前、慶應義塾大学に出張に行った知人の話しでは、まさにレストランという雰囲気漂う落ち着いたところらしいのだ。

彼女はコース料理を頼んだらしいが、(おごってもらったということもあり)とてもおいしくいただいたのだそうだ(うらやましい)。

あと今や学食名所じゃないの? と思ってしまうのは、明治大学のリバティタワー内の「スカイラウンジ暁」。なんせ17階だから、眺めはバツグン! こんなところで、週何日も食べられるんだったら、幸せだろうなーと思う。

「学食まるかじり」のサイトにも書いてあったが、我輩が学生の頃と比べて、確かに今は学食が充実してきている。あー、だから学生たちがうらやましい!

我輩だって平成時代に生まれてれば、きっとこのような学食で毎日を過ごすことができたのに!! とぼやきながら、今日のお昼もコンビニで買ってきたカップラーメンとおにぎりで、悲しい現実を過ごすのだ… (−△−;)
posted by 大学 学食 at 09:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 大学 学食
この記事へのコメント

オレのうぶな息子が売れたぞ!
自信と引き換えに働く気力はなくしたけどな(笑)
http://aiyorikane.net/pre/0hbm4kb/
Posted by なみ平 at 2010年11月07日 07:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4618366

この記事へのトラックバック