2007年07月01日

地方の大学にある学食のススメ

関東地方にいるとなかなか気づきにくいのかも知れないが、学食と言うのはそれなりに地方色豊かなものである。

例えば以前、夏に旅行で北海道に行った時に立ち寄った北海道大学。ここの学食に顔を出したら、やはり「らーめん」が豊富。北海道ラーメンの定番といえる味噌ラーメンや旭川の醤油ラーメン等、なかなか興味をそそる。このようなメニューは実は他都府県でも実施されているのかも知れないが、やはりご当地だからこそうまさも引き立つのかもしれない。

また、以前、仕事の関係で数ヶ月名古屋で暮らしていたこともあったのだが、取引のあった名古屋大学の学食もよく利用した。

しかし、名古屋大学は市内のけっこうな一等地に建つ割には、とても広大なキャンパスである。さすが国立。大学内は確か大小6〜7つ位の食堂があるが、我輩がよく利用したのは、北部厚生会館近くの学食(北部厚生会館は2Fが学食だったと思うが、そこに面した、1階建て(?)の食堂)。何でって、空いてたから(笑)。で、よく食べたのが「味噌カツ定食」! やっぱこれこそ名古屋。それとこの学食ではなかったが、きしめんもよく食べた。このような名物が普通に食べられるから、地元の人からすればそんなに珍しくないのかもしれないが、我輩からすれば、特に初めの頃は新鮮で楽しかった。ちなみに味噌はもちろん八丁味噌である。

それと、大学内の喫茶店も、コーヒーを頼むとピーナッツが付いてくる。知っている人も多いかもしれないが、名古屋は喫茶店の激戦区なので、喫茶店も付加サービスが豪快。全国にチェーン展開しているような喫茶店でもない限り、コーヒーを頼むとピーナッツが付いてくるのが当たり前なのだ。そういうことは大学内の学食であっても同様なのである。

みなさも全国を旅する時は、大学の学食を覗いてみるとご当地というのがよく分かるかも知れない。
posted by 大学 学食 at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 大学 学食
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4618364

この記事へのトラックバック